以下に『電気と工事』で渋く連載中の経済学エッセイ(なぜかアイドルネタを隔月でやってます 笑)を一部修正して再掲載します。

 さて今回はAKB48の姉妹グループSKE48の番だ。ひとつは、いまこの原稿を書いているときに、ちょうど消費税法案が衆議院を通過してしまい、ちょっと筆者がブルーな気持ちになっているのがある。それをこうアイドルでパーっと華やかにやりすごすという動機があるのかもしれない。でも本当はいままでのアイドルの回がネットを中心にして評判だったからだ、という隠された(?)事情があるのだ。もう掲載誌の特色などおかまいなしである 笑。

 さてそのAKB48の姉妹グループにSKE48がある。SKE48の「SKE」は、劇場のある名古屋市中区の栄という地名に由来する。チームS、チームKⅡ、チームEの三チームに加えて研究生もいる、総勢60名近い、10代の女性を中心としたアイドル集団だ。もはや国民的な関心事になっているAKBグループのファン投票による人気ランキングでも、このSKE48の中心メンバーである松井玲奈、松井珠里奈をはじめ多くの主力メンバーが上位進出をして、その全国的な人気を証明している。

 SKE48で特徴的なのは、本拠となる劇場が名古屋にあって、メンバーたちもほとんどが愛知県、三重県、岐阜県など東海地方の出身であることだ。東京でも活動するが、自分たちの地元を中心に活動する、いわゆる「ローカル(ご当地)アイドル」―その頂点にいるのがSKE48だろう。ちなみにAKBグループ以外でローカルアイドルで代表的なのは、博多のLinQという30数名からなる女性アイドルグループがいる。この前、AKBの人気者指原莉乃が、博多のHKT48(これもAKBグループです。読者のみなさん、ついてきてますか? 笑)に移籍になったのも、このLinQの人気が大きいのでその対抗策というのがもっぱらの業界の噂なのは覚えておいてほしい。

 SKE48の拠点となる栄のSKE48劇場では、公演の開始を待って10代後半から20代の若い男性たちが長蛇の列をつくる。以前は、中高年のコアな男性ファンが中心だったが、いまは若い男性や女性、家族連れが目立つようになった。また名古屋だけでなく東京や大阪、さらに全国から公演に駈けつける熱心なファンも多い。地元のテレビやラジオでも彼女たちの活躍をみない日はないが、発売する音楽CDや写真集なども全国ランキング入りをする人気だ。

 その意味で、SKE48は、日々の公演を通じて歌や踊りのスキルを磨き、地方のアイドルが中央でのビジネスに入っていく重要なルートになりつつある。

 このようなSKE48の活躍の背後にあるのも、日本全体にみられる地方回帰の流れだろう。

 高度成長期からバブル景気までの時代、若者は常に中央志向だった。1990年代初めのバブル崩壊までは、周辺地域の若い人たちに強い東京志向があったといえるだろう。アイドルもまた東京一極に集中していた。

 しかしその状況が変化し出したのは、90年代後半からだ。日本の長期不況を背景にして、若者を最も吸収してきた東京と大阪では、若い人たちの雇用機会が大幅に縮小した。大都市に出ても十分に生活していけない。むしろ地元で生活した方が安定的かもしれない。そう考える若者が次第に増えていった。

 特に名古屋では、世紀の変わり目から最近まで、域内成長率が東京や大阪に比べて格段に高い水準を維持していた。90年代までは若い人たちが名古屋から外部に流出していたが、21世紀に入るころからは若い人たちの流入が大幅に増え始めた。その背景には、名古屋経済圏の活況と雇用機会の増加があったのは疑いない。そして若い人たちの増加に伴って、その余暇の楽しみとして様々なポップカルチャー、サブカルチャーが需要された。SKE48のデビュー前年の07年は名古屋経済圏の活況はピークだった年である。有効求人倍率でみると名古屋市のそれは東京の約二倍近かった。

 また地方のテレビや広告なども、東京のアイドルたちを起用するよりも、低コストですむ地元のアイドルを採用するところが増えてきた。このこともSKE48のようなローカルアイドルには有利に働いている。

 またSKE48は、地方人としてのアイデンティティを強く意識している子が多い。AKB48に対してはライバル意識を持っていて、「自分たちは名古屋を代表するメンバーである。名古屋こそスタンダードである」というプライドを持っているようだ。

 ファンも同じような意識を持つようになれば、ちょうどJリーグの地元チームを中心に地域の若い人が盛り上がるように、地方人であることにアイデンティティを持つアイドルとそのファンが結びついて、永続的な地域ビジネスが生まれてくるかもしれない。

 このローカル化の動きを閉鎖的なものとみるべきではない。しばしば日本でしか通用しない商品や考え方などを「ガラパゴス化」と評することがある。例えば2009年あたりからの第二次韓流ブームでの少女時代やKaraが、肉体を極限まで酷使したダンスや歌を披露し、日本のファンに衝撃を与えた。まさにグローバル化の波がアイドル市場に押し寄せたといえる。この韓国アイドルたちに比べると、SKE48は、萌えや癒しといった日本固有のアイドルの伝統を引き継いだ「ガラパゴス」のように見えてしまうだろう。しかしこの「ガラパゴス」なかなかしぶとい。インターネットを覗けば、彼女たちの熱烈なファンが大勢、世界中に広がっていることを容易に知ることができる。ソウル、台北、パリ、モスクワなどなど。やがてSKE48は、グローバル化をローカルの中に飲み込み、全地球的に活動を広げていくことになるかもしれない。まさにグローカル。