イスラエルによるガザ地区空爆がセンセーショナルに報道され、市民が犠牲になったことでイスラエルを非難する国際世論が高まっています。しかし、この「市民が犠牲に」の部分について、マスコミが絶対に報道しないカラクリがあるようです。イスラエル在住の土田英理也氏がFB上で訴えた事件の真相を以下引用します。
マスコミからの一方的な情報だけでなく、現地の人々の声にも耳を傾けてください。



イスラエルの現状
こちらに在住する日本人です。
18年目、3人の子供の父です。
毎日サイレンがなり、そのつどシェルターに逃げ込むという毎日。
昨日は朝2歳になる3男を保育園に連れて行く途中にロケット弾飛来。すでに外に居たので近所の人が呼んでくれて近場のシェルターに。ドーンと言う音と共に振動が伝わってきます。
今朝は8歳の長男とバイクに乗っている最中にサイレン。すぐに止めて近くの建物に避難。子供は震えていました。
親として無力な自分、怒りと不安、悲しみが入り混じる感情。
以前との違いはロケット弾の飛距離が伸び、イスラエル全土に届くようになりました。
この間子供たちの学校保育園は無く、ほぼ毎日サイレン、シェルターへ避難、待機が続いています。
私は会社務めですが、会社でもサイレンのたびにシェルターへ行きます。
昨日は会社も半日で家に帰り、子供たちと過ごしました。
日本の報道を見て相変わらずのアラブより報道を残念に思っています。
しょうがないですよね、空爆されてる画の方が記事になる。背後の真実はどうでも良いのでしょう。ガザ地区でのイスラエル軍による空爆でパレスチナ市民に死者も出ています。これも残念な出来事で心が痛みます。
ただ、イスラエル軍が一方的に空爆しているという表面的な情報は間違っています。イ軍はハマスの拠点を空爆しているのであって、無差別に空爆はしていない。また空爆前にはアラビア語で警告を流し市民に避難勧告をしています。
ではナゼ、パレスチナ市民に死者が多数出ているのか?
これはハマスの戦略です。人の盾です。
彼らは武器、ロケット弾を病院、モスク(イスラム教の礼拝堂)に隠し、イスラエル軍が攻撃できないようにしています。
しかし最近はもっと手段が姑息になり、武器などを市民の家に隠したりしています。または市民の家からロケット弾を発射しています。
無差別に飛んでくるロケット弾。
パレスチナ市民はこれを拒否できません。なぜなら恐怖政治という手段で市民を脅し、協力しない者は撃ち殺しているからです。
戦争状態になり困るのはイスラエル人だけではありません。イスラエル領土に仕事に来ているパレスチナ人も働けなくなります。
例えば南のキブツ(共同体)では労働力の一部をパレスチナ人に頼っています。交戦が始まると彼らは検問を出れません。キブツ側も困ります。
日本の皆さんは伝わっていないでしょうけど、イスラエル軍は地上部隊投入は望んでいません。
これをすると軍隊、経済、精神的にも多大の被害が出るからです。
予備役のオジサンたちも軍に呼ばれるということは、会社で中核を担ってる人たちが抜け、仕事が滞ってしまう。また戦場に行けば死者も当然出ることになる。
今回も言われていることはハマスというテロ組織が、用意周到に今回の戦争を計画してきたこと。
ロケット弾の数、飛距離のアップ、空爆されても大丈夫な所に武器を隠すなど。
そして注目は情報戦争です。
先日BBCがすっぱ抜いた事実。空爆被害の写真などは実はパレスチナとは関係ない写真でシリア虐殺やイラクのだったり、以前に使われた物を再利用配信していたこと。
日本もK国やC国の捏造戦略で被害をこうむっていますよね。
ハマスはまったく同じ手段でイスラエルを貶めようとしている。
イスラエルの全てを肯定はしません。しかし真実を歪め、悲劇の民族のようなやり方はどうなんでしょうか?
私たちの隣国に似ていないでしょうか?
私は戦争もテロも反対です。報復からは平和は生まれない。恨みしか生まれません。
この国では男子も女子も高校を卒業すると軍に行きます。
自分は自分の息子たちに銃を持たせたくない、軍に行って欲しくない。
人を殺して欲しくないし、殺されることも望まないです。
しかしイスラエルには平和を、共存を望まないテロリストが居る。
奴等が居る限り、イスラエル社会は徴兵制を無くすことはないでしょう。
小さな国なので皆で国を守っていかないといけない。
これがイスラエルの現実です。

補足
イスラエル軍はピンポイント空爆する前にその家に電話し、避難するように警告していますが、ハマスからは逃げないように強要されています。
ハマスにとっては一般市民の死者数が多いほうが国際世論の同情を引き、都合が良いのです。
気の毒なのは行き場の無い善良なガザ市民です。

出典:イスラエル在住の日本人、土田英理也氏の投稿より
https://www.facebook.com/tsuchida.eliya/posts/1446230642311388?fref=nf
(補足部分はSusumu Yoshihara氏のコメントより)